ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

小魚を釣って食べてみた

その日、本当はアジを釣りに行ったんだ。
ガチで釣りたかったので、疑似餌を使用したいわゆるアジングではなく、魚子ラバでもなく、もちろん魚子ラバ的なものでもなく、冷凍アミエビのサビキ釣りでの釣行。
まぁサビキ自体は疑似餌といえなくもないのだが・・・
それでサビキ釣りに関してなのだが、エサは常温のもの(有名なところではアミ姫など)がお手軽ではあるが、確実に釣りたいときは冷凍のものを使ったほうが釣れるとわたしは思っている。
以前、隣の家族連れが常温のもので、わたしが冷凍のものを使っていたら、家族連れは全く釣れず、わたしだけ釣れたということがあった。で、その家族連れにエサを分けてあげたらやはり釣れた。別の機会でも同じようなことがあったので、ここ一番というというときは前日に冷凍のものを買ってゆっくりと解凍して使うようにしている。

そのアジ目当てだった日に話を戻すと、その日の夕方の地合いには周りでアジが全く釣れていないというわけではなく、ポツポツとは釣れていた。
しかし、わたしは目の前でガンガン釣れるイワシとサバっ子につい夢中になってしまい、アジ狙いだったはずが、いつの間にか小魚狙いに変わってしまった。
そして、初めは近くで小魚も持ち帰るという人にあげていたのだが、これだけ釣れるならたまには食べてみるかと、持ち帰ってその日の肴にすることにした。
あぁ~、釣った魚の写真がないブログ初心者です。

で、持ち帰ったイワシとサバっ子は、から揚げにすることにした。
このような小魚は包丁を使わず、手で頭と内臓をちぎり取ることで簡単に処理できるので、ガンガン処理して、ガンガン揚げたものがこれ。

f:id:nagask_441:20210427092605j:plain

使用した調味料はこの日清の調味料とスパイス配合の小麦粉で、チョットした味付けに便利。
今回は魚にまぶしてからあげのころものような使い方をしたが、「いろいろ作れる」と書いてある通り、豚の生姜焼きの下味や鮭などの魚のムニエルを作るときにも使うことができる。

f:id:nagask_441:20210427092646j:plain

ちなみに今回も使用した小魚釣りに絶大な威力を発揮するのがこのオーナーばりのショートハイパーパニック7、小魚ならば3号くらいが適当。
ショートではないタイプもあるのだが、ショートのほうが絡みづらいので手返しがよく、針も7本あれば十分なのでわたしはこちらを愛用している。
魚が寄ってくるのにサビキの針を見切られているようなときでも、これだと釣れるということがこれまで何度もあった。
さらに釣果を高めたいときには、トリックサビキの餌付け機を使用して、トリックサビキと同じ要領でアミエビをつけると、魚が寄っている状態であれば日中でも針を見切られるようなことはまずない。
ただし、これ単体でのアピール力は弱めなので、ぶっこみサビキとか投げサビキなどの少し沖目で魚が寄っているのか見えないような状況や深場での使用では、今一つ効果が薄いような気はする。

f:id:nagask_441:20210427092705j:plain