ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

自作ボビンホルダーを使って魚子ラバフック的なものを製作

市販品を使ったことがないので何とも言えないが、ひとまず自作のボビンホルダーは全く使えないシロモノではないことが判明。
多分、市販品のボビンホルダーのほうが使いやすいんだろうなと思いつつもなんだかんだと大きなトラブルもなく使うことができ、作ってみたアシストフックが下の写真の右(※左が魚子ラバ現物のフック)。
初めて作っただけあってへたくそすぎるが、自分への戒めというか、この先どれだけ上達するのかの比較対象としてブログに残しておこうと思う。
一切上達しないかもしれないが・・・。

f:id:nagask_441:20210513142405j:plain

魚子ラバの現物で使っている針は、ルーディーズ社のHPに「ISEAMA#3」って書いてあるから、伊勢尼の3号でいいと思うんだ。
実際、写真の通り、現物と比較して大きさ、形状ともにそれほど差は無いように見える。
ちなみに現物が金色なので、がまかつの伊勢尼の金色を使ったが、近所の釣具屋さんに3号は黒しか置いていなかったので取り寄せてもらった。

現物の赤いアシストラインは、何をつかっているんだろうか?
ルーディーズ社のHPには「極柔マテリアル」って書いてあるけど、見た目だと普通のPEではなく糸をよって作ったような感じにも見える。
今回はひとまず魚子ラバ的なもの(最終なのかVer.)でも使用した山豊テグスのアシストフック専用PE8号を使用した。これはこれでしなやかで使いやすいのだが、接着剤の浸透はシーハンターより良くないので、すっぽ抜け防止のため、アシストラインをフックで貫通させてから、セキ糸を巻き付けてみた。
ネットのどこかでこの方法のほうが耐荷重が上がるみたいな情報をみたが、小さい針でこの方法を採用しても見た目がきれいに仕上がらず、そもそも魚子ラバの対象魚は何キロもあるような大物ではないので、フックのアシストライン貫通は必要ないかもしれない。

使っている針がそこそこ小さいのでセキ糸は細いほうがいいだろうと思い、セキ糸として売っているものではなく、根巻糸という名称で売っているがまかつの根巻糸スーパースリム(ブラック)を使用したが、現物は結構太めというか、それほど細くないセキ糸(普通にセキ糸として売っているものなのかな?)を使用している。
そして現物は当然市販されているものだけあって、わたしが作ったものとは雲泥の差で見た目もきれいに巻いてある。

ソリッドリングは、釣具屋さんのルアー用品がおいてあるところしかチェックしていなかったため、オーナーばりのP-19内径3.5が最小と思っていたが、淡水小物用で同じくオーナーばりから出ている軽量丸カンというものがあり、この小小というサイズが魚子ラバフックと似たようなサイズ。オーナーばりのHPには『淡水でも海水でも!」と書いてあるので、サビないのかな?
スプリットリングも魚子ラバ的なもの(最終なのかVer.)で使ったものより小さいKAHARAの#3.5というサイズのものを採用した。

f:id:nagask_441:20210513142417j:plain

今回採用した材料はすでに上で説明している通りであるが、備忘録として記載しておく。
・フック:伊勢尼(金)3号(がまかつ
・ソリッドリング:軽量丸カン 小小 外径:3.1mm 内径:2.2mm(オーナーばり)
・スプリットリング:サイズ#3.5(KAHARA)

f:id:nagask_441:20210513142426j:plain