ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

一期一会(時計編 その2)

今週のお題「575」

『梅雨や 三掛け腕時計に散財』

梅雨の平日で空いているアウトレットモール、偶然その日オープンという時計店にて10本限定で70%OFF(=三掛け)という誘惑に負けて、予定にない腕時計をついうっかり買ってしまったという句。

この句のポイントは「「575」というお題に対して、破調にしたことの是非」とか「季語に「や」という詠嘆の是非」とか「助詞「に」の使い方の是非」とか夏井先生に言われそうと勝手にいろいろ想像してみた。
せめて「凡人」の枠にしてもらいたいところ。

さて、「一期一会(時計編 その2)」で紹介する腕時計はすでに決まっていたのだけど、つい先日、上で書いた通り70%OFFで時計を買ってしまい、お題の俳句も浮かんだことから、急遽繰り上げで紹介することになった腕時計がこれ。
TIMEXの・・・名前はよくわからないけど、TW4B09100というモデル。

f:id:nagask_441:20210616112455j:plain

この手のもの、つまりは購入を全く考えていなかったセール品などを見かけたとき、たいていはひとまず自制してきた。
具体的には、一度家に帰り、ネット情報などを調べてから、本当に買うべきものなのかを熟考したうえで、本当に欲しければ翌日買いに行くようにしてきた。
それで翌日買いに行ったときに売り切れていたとしても、縁がなかったとあきらめてきた。
少しの後悔もないとは言わないけどさ。

だがしかし、今回は70%OFFに完全にやられてしまった。
しかも、70%OFF後の価格が税込5940円と、6千円を切っていた。
もう、これは初代ゲーム&ウォッチ(たしか5800円)と大差ない価格なわけですよ、当時は消費税なかったし。
ちなみにわたしが初めて買ってもらったのは「ジャッジ」の前期型(緑)だったけど、こんなネタはアラフィフでも一部の人しかわからんかな。
話をもどして、これが50%OFF、もしくは1万円超えという価格であれば、冷静に踏みとどまること、つまりは自制することができたと思うんだけど、今回はダメだったなぁ~。

それで、今更ながらこの時計について調べてみたところ、公式HPでは米国本国も探したけど見当たらなかった。
アウトレットモールの店頭で格安で売っているのだから、現行モデルではない型落ち品なのだろうが、ユーザーのレビューみたいなものも見当たらない。
日本未発売という情報もあったが、ヨドバシカメラで「在庫残少」ながら販売しているようなので、日本未発売ということは無いだろう。
ちなみにヨドバシカメラでは12800円なので、わたしの購入価格の倍以上である。

TIMEXの場合、シンプルなデザインのミリタリー系のものが人気のようなので、この時計のようなクロノグラフでごちゃついているものは人気薄なのだろうか。
とはいえ、せっかく縁あってわたしのところにやってきた時計なので、レビューと言えるほど立派なものではないけど、簡単に説明だけは残しておこうと思う。

その状態をうまく写真で撮影できなかったので、文字盤に記載されている文字を写すにとどめるけど、この時計にもTIMEXの代名詞と言える文字盤全体を光らせるインディグロナイトライトの機能は備わっている。
なお、インディグロナイトライトで文字盤は光るけど、針やその他の部分に蓄光や蛍光の塗料は使われていない。
また、WR100Mとあるので、日常生活防水レベルの防水機能だと思う。

f:id:nagask_441:20210616112459j:plain

文字盤は黒で、文字は何色っていうのかな、ミリタリー系で使われるコヨーテタンみたいな色ですね。
クロノグラフとしてはシンプルな色使いでTIMEXらしい良い意味でチープ感があるデザインだとは思う。
あと、カレンダーも一応ついている。

f:id:nagask_441:20210616112502j:plain

ケースの大きさは、niteのMX10と比較すると若干大きいくらいで、男性用腕時計の標準的なサイズだと思う。

f:id:nagask_441:20210616112509j:plain

ベルトは黒の革製で白い糸でステッチが入っている。
結構厚めのデザインだけど、付け心地は悪くない。
今すぐにとは考えてないけど、いずれベルト交換はするかもしれない。

f:id:nagask_441:20210616112505j:plain

ムーブメントはクオーツだけど、どこ製かまではざっと調べただけではわからなかった。

ネット検索してもヒットしないような時計のレビューが誰かの役に立つとは思わないけど、わたしが購入した店舗で、これと同じ時計が10本、色違いでさらに10本で、合計20本が70%OFFで売られたので、わたし以外の19人の人たちにとっては、「おっ、これオレが買ったヤツじゃん」みたいなネタにはなるかと思う。
日に数人しか訪れないブログをその19人が見る確率は限りなくゼロに近いとは思うけどね。

ちなみに取扱説明書は「TIMEX manual」などで検索すると本国のHPがヒットするので、そこに「TW4B09100」と入力すると、クロノグラフの使い方と一般的な取説の2つが表示される。
どちらも日本語のものがあるので、それでたいていの使い方はわかる。

わたしはわたしで、この値段で買った時計なので、使い倒してやろうとは思う。
革ベルトだから、汗をかくようなスポーツシーン以外で、まずは使うことを考えている。

 

nagask-441.hatenablog.com