ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

ウッドブラインドが壊れたので直そうとする話

リビングのウッドブラインドをあげている途中で急にガーンと落ちて上がらなくなった。
壊れましたね。
下の写真のテープというかリボンというかが切れた模様。
全く予兆は無かったけど、この切れ方をみると多分、予兆はあったけど気づかなかったのだと思う。

f:id:nagask_441:20210728164115j:plain

リビングではウッドブラインドを2個使いしているので、壊れていない方を確認するとテープというかリボンというかを巻き上げる部分はこんな感じ。
幅5~6mmくらいのテープ状のものが通るようなスリット形状になっている。

f:id:nagask_441:20210728164124j:plain

壊れた方のテープというかリボンというかを取り除くとこんな感じ。

f:id:nagask_441:20210728164121j:plain

テープというかリボンというかを巻き上げる本体というか中身部分はこんな感じ。

f:id:nagask_441:20210728164118j:plain

ひとまず簡単なDIY程度で直すことができるならと検索したところ、まず判明したのがこのウッドブラインドはTOSOというメーカのものであること。
そして、次に判明したのがこのテープというかリボンというかは昇降テープと呼ばれるもので、現行品のブラインドでは使われている製品は存在していないということ。
(※現行品ではひも状の昇降コードというものを使っている。)
さらに少なくともこの昇降テープは普通のネット通販では購入できそうもないということもわかった。
しかも、この修理をお店に頼むと、見積りをのせているところは無いけど、1万円以上はしそうということもわかった。

こんなん昇降テープさえあれば、まぁまぁめんどくさそうだけど、DIYでどうにかなるような気がすると、この時点では浅はかにもそう思った。

ということで、まずはテープではなくてコードでも多分代用できると思い、昇降コードを通販で取り寄せてみた。
税込1201円也(amazon)。

f:id:nagask_441:20210728164112j:plain

しかし、昇降コードを使うには現状のテープが通るスリット形状の孔をドリルでコードが通るように丸く広げる必要があってだいぶめんどくさい。
しかも失敗したら取り返しがつかない事態に発展しそうな予感。
そこで順番を間違えた気もするけど、ここで念のためTOSOに補修品がないか問い合わせをしてみた。
しかし、予想通り、やはり昇降テープの補修品はないとのこと。
ちなみに我が家のウッドブラインドは2008年に廃止になっている製品ということも教えてくれた。
そりゃもう補修品もないよね。

それで強度的に不安はあるけど、一番簡単に直せそうということで、ユザワヤでリボンを買ってきた。
税込107円也。

f:id:nagask_441:20210728164128j:plain

そんなこんなあって結局ユザワヤで買ったリボンを使って今はこの状態。

f:id:nagask_441:20210728164321j:plain

一応上げ下げもできる状態にはなって、写真では直っているように見えるかもしれないけど、微妙に左右の高さが違って床面と平行が取れていない状態なので調整がもう少し必要な感じ。
補修品の昇降テープが入手出来たとして、作業に慣れれば多少はスムーズにできるのだろうけど、確かに1万円くらいかかるって言われても仕方ない作業だな、これ。
今回使ったのって所詮リボンだし、すぐに切れるような気がして、切れたら次はどうしようか考えるとちょっと憂鬱。

そういえばわざわざ通販で買った昇降コードはムダになったな。
amazonに410円の送料負担で返品できるみたいだけど、テントやタープなどアウトドアで使うロープとして使えないこともないか。
また使われることの恐らく無いアウトドアグッズが増えたな、これは。

 

 誰かいりますか、これ?