ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

KPの話(その1?)

「その1?」とクエスチョンマークを付けたのはたぶんその2以降はめんどくさくなって書かなさそうだから。

アラフィフのオッサンがKPと言えば「KP61(KP60系)」のこと。
最後のFRスターレットのことである。
厳密にいうといろいろと形の違うモデルも存在したらしいけど、ざっくりいうと「スターレット」はトヨタハッチバックのコンパクトカーで、現在その名前を冠した車は販売されていない。
後継機はヴィッツあたりになるのかな?

「アラフィフのオッサンが」と書いたものの、これも厳密にいうとわたしの世代が車の免許を取得するくらいの年齢になったときには、KP61はすでに販売終了していて、実際は街中であまり見かけることはなく、EP70系、EP80系へと主流は移っていた。
わたしが免許をとったとき、母親がEP70系スターレットに乗っていて、学生時代の友人はEP80系スターレットに乗っていた。

現行車種ではない方のハチロクAE86)も最後のレビン/トレノのFRということで、当時から走り屋(死語?)の間では人気があったけど、KP61も最後のFRということでドリフト入門車種的な意味合いで自動車部御用達の車種であった。
学生時代、わたしは自動車部ではなかったけど、自動車部の知り合いが何人かいて、実際にKP61に乗っている知り合いもいた。
AE86と比べるとKP61は、ちょっと通好みではあるけど、それほど人気はなく、中古車は学生でも買える程度の安価に取引されていたように思う。
実際に買う前提でまじめに調べたことはなかったけど、当時は事故歴無しの普通の状態で30万とか40万とかで買えたのでは思う。

それで今いくらするんだろって調べたら、300万とか400万とかしてビックリした。
たしかに現存するKP61は、状態の悪い車は淘汰されているはずなので、それなりに状態のいい車しか残っていないんだろうけど、それにしても最近の国産旧車価格の高騰にはビックリさせられる。

相変わらず本題とは関係ない話を長々と書いたけど、話を「KP」に戻す。
今回記事にする「KP」はこれまで何度か記事にした「かながわペイ(DAIGO風に「KP」)」の話。

少し前にポイント付与は終了したという記事を書いて、三井アウトレットパーク横浜ベイサイドあたりで服でも買おうとなどとも書いていた。

nagask-441.hatenablog.comそして5月も中旬を過ぎたあたりでかながわペイの事務局からポイントの有効期限についての連絡があった。
有効期限を忘れていたわけではないけど、あまりギリギリになって焦って使うよりも、ある程度余裕があるときに使って、残ったらスズキヤやOKで使えばいいかなと思い、当初の予定通り三井アウトレットパーク横浜ベイサイドに行ってきた。
とりあえずジーンズでも買おうと思ったら、リーバイスエドウィンもかながわペイの対象ではなかったので、さてどうしたものかと一周してから、なんだかんだとこんな感じの買い物をしてきた。

今回はその1で、手前の白い包み。
これは全く買う予定のなかった京セラのセラミック包丁。

これまでセラミック包丁は何度か使ったことがあり、使い始めの切れ味が良いのは知っているけど、自分では研げないのでいずれは研ぎに出す必要があったり、欠けて使えなくなったりとあまり良い印象はなかった。
今回も店に入ったときは買う気はなかったんだけど、店員さんにいろいろ説明を聞いたり、試し切りでフランスパンを切らせてもらったりして、ちょっと心が動いたところで、トマトの薄切りにもいいという話をされ、そういえば最近トマトの薄切りサラダを作っていなかったと想像してしまい、ポイントが余ったらこれを買うというところまで決心が固まった。
いやまぁ「決心」というほどの大げさなものでもないけどね。
それでおおむね欲しいものを買うことはできて、ポイントもあまっていたので、最後にこの包丁を買った。

店員さんにはいろいろと話を聞いて、ざっくりとわたしが理解した範囲だと、京セラのセラミック包丁には、従来の白いセラミック、その白いセラミックと同じ強度の黒いセラミック、従来のものより硬くて黒いセラミック、硬くて黒いセラミックより硬度は低いけど新素材で切れ味が長持ちする白いセラミックがあるということらしい。
今回買ったのは新素材の切れ味長持ちタイプである。

買った後、袋は有料だというのでもらわなかった。
パッケージに包まれているとはいえ、丸見えの包丁を渡されたらどうしようと思ったけど、上の写真のとおり白い梱包材に包まれて、一応包丁本体は見えない形で渡された。

ちなみにこの包丁のパッケージはかなり頑丈にプラスチックが溶着されているので、ハサミなどを使ってあけることが好ましい。

わたしは途中までムリヤリあけようとしたけど、ケガをしたり、買ったばかりの包丁を壊したりしそうな気がして、結局ハサミを使った。

で、予定通り作ったのがトマトの薄切りサラダ。

ステンレスの包丁でも研げばこれくらいの薄切りはできるんだけどね。
味付けは、塩、酢、オリーブオイル、にんにくチューブの適当ガーリックドレッシングで食べたけど、それにアンチョビなんかを入れてもおいしいと思う。

写真奥のは、鶏もも肉の酒塩焼き。
いいかんじに皮目がパリッと焼けた。
今回は柚子胡椒で食べた。
以前、柚子の風味が苦手と書いたけど、柚子胡椒はなぜか大丈夫、というかむしろ好き。

nagask-441.hatenablog.com「その2」くらいは書こうかな。