ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

そんな感じだったので(その2)

先日、コロナ療養中に幸いにも軽症だったことからドラマやら映画やらを見て家にこもっていたということを記事にした。
それでその前回は「LAMB/ラム」という映画を見たことを記事にしたけど、今回はたまには邦画でも見るかと「LAMB/ラム」と同じくアマプラ会員は無料で見ることができる「護られなかった者たちへ」という映画を見ることにした。

「LAMB/ラム」の記事ではネタバレすると、見る価値が9割減と書いたけど、この「護られなかった者たちへ」もネタバレすると5割くらいは見る価値が失われる。
なので、詳しいことは書かないけど、「LAMB/ラム」と違ってオチは奇をてらわず、見終わった後も納得できる内容ではあった。

公式HPに書かれていることをそのまま抜粋すると
東日本大震災から10年目の仙台で、全身を縛られたまま“餓死”させられるという不可解な連続殺人事件が発生。
捜査線上に浮かび上がったのは、過去に起こした事件で服役し、出所したばかりの利根という男。
刑事の笘篠は利根を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第三の事件が起きようとしていた―。
なぜ、このような無残な殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?』
と、まぁこんな感じ。

2021年に劇場公開されたこの映画は、映画の中でも2011年の東日本大震災から10年後が舞台となっている。
上で「ネタバレすると5割くらいは見る価値が失われる」と書いたけど、逆にいうとネタバレしても5割くらいは見る価値があると思う。
だからといってこのブログ内でネタバレはしないけどね。

それでオチというか上の公式HPのあらすじに書かれている連続殺人事件の犯人については、たいていの人が途中で「あ、たぶんこの人が犯人なんだろうな」というのがわかると思う。
そこに至るまでは、「あ、たぶんこの人は犯人じゃないんだろうな」とか「あ、意外なところでこの人が犯人かも」みたいなことが予想できて、それは当たったり外れたりするわけだけど、この映画に関しては犯人捜しはそれほど重要ではないと思う。
上の公式HPのあらすじでも最初に名前が出てくる佐藤健さん演じる「利根」が主役にはなるんだろうけど、その周囲に登場する人が絡み合って、群像劇のような感じで話は進む。

もう1ヶ月半ほどすると東日本大震災から12年ということで、干支で言うと一回りしてしまうんだな。
今までアラフィフという年齢ということで、この年齢になると時が過ぎるのが早すぎるというようなことを何度か書いたけど、東日本大震災に関しては本当についこの間のように思う。

そんな感じだったので(その1)

先日、年明け早々、コロナになったことを記事にした。
幸いにも症状が悪化することなく軽症で済んだんだけど、その期間は外出することもなく、家の中で過ごしていた。

なお、神奈川県では食料品の買い出しなど短時間の外出について、公共の交通機関を使わなければ、無症状者は外出可能。
有症状者は症状軽快から24時間後から外出可能ということである。
「外出可能」と書いてあるとはいえ、外出可能に該当しない陽性者が外出したところで罰則はない。
要は無症状者や軽症の陽性者は、街中にたくさんいるという風に思った方がいい。
わたしは、こういうところは常識人というかビビりというか、まぁ一応上で書いたように外出は控えて、家にいたけどね。

そんな感じだったので、家の中で録画が溜まったドラマや映画を見て過ごしていたんだけど、なにか見たことのない映画でも見ようかとAmazonPrimeで探したところ、少し前に王様のブランチで紹介されていた「LAMB/ラム」という映画をアマプラ会員なら見ることができることがわかった。

たしかLiLiCoさんは、この映画をホラー映画というようなことを言っていた。
最近、地上波でホラー映画を放送することがめっきり少なくなり、なかなか新しいホラー映画を目にすることもないので、ちょっと見て見ようかなと思った。

この映画、ネタバレすると見る価値が9割減なので、公式HPに書いてあることだけをちょっと抜粋して載せておくと、
「ある日、アイスランドで暮らす羊飼いの夫婦が羊の出産に立ち会うと、羊ではない“何か”の誕生を目撃する。2人はその存在をアダと名付け育て始めるが——。」
という感じで物語は始まる。

映画自体はホラー系というより、不思議系という感じで、上で名前の出てくる「アダ」の一点を除くと、淡々と進んでいく。
だが、この映画のオチはいただけない。
この映画と同じようなオチの映画は他にも見たことがあるような気はするけど、このオチだともうなんでもありだよねっていう話になる。
不思議系のまま最後まで進んでオチもなく、見終わった後「はぁ?」ってなる方がまだましだと個人的には思った。
オチがあかされたとき、もうなんか「これアカンやつや!」ってエセ関西弁が出るくらいわたしががっかりするオチだった。

なのでわたし個人としてはこの映画は全くオススメしないし、わたし自身二度と見ることはない。
ちなみに上でも書いたけど、ホラーという感じでもないので、ホラーを期待して見ることもしないほうがいい。

年間数10~数100本の映画を見る人が、そのうちの1本でこういう映画を見るのかもしれない。
あとは、こういうミニシアター系の映画見るオレってカッケーみたいな人は見ればいいと思うよ。
わたしもそういう気持ちがなかったわけではないので。

基本的にドンパチ系のアクション映画が好きなわたしのような単純な人間はインド映画とかが合っているのかもしれない。
これまでインド映画は食わず嫌いでほとんど見ていないんだけど、劇中歌「Naatu Naatu(ナートゥ ナートゥ)」のダンスが話題になっている「RRR(アールアールアール)」とかちょっと興味がある。

今はこんな感じなのねという話

年末年始は実家に帰った。
東京から姉夫婦も帰省していて、義理の兄がちょっとイヤな感じの咳をしていたんだけど、あまり気にせずにその期間は一緒に飲食をした。
そして、1月2日に自宅に戻ったところ、帰宅直後に義理の兄がコロナ陽性だったと連絡がきた。
その時点での抗原検査ではわたしは陰性だったんだけど、翌日の1月3日の朝、のどにちょっと違和感があったので、再度抗原検査をしたところ、陽性だった。

保健所とかに連絡するんだっけと神奈川県のHPを確認したところ、抗原検査キットで陽性が出た人はなにをしたらいいのか正直よくわからない。
アラフィフという年齢のわたしは高齢者には該当しないんだけど、昨年ちょっといろいろあって、基礎疾患的なものがあるので、一応重症化リスクのある人には該当する。
まずはかかりつけ医に相談しろということのようなんだけど、その昨年ちょっといろいろあったときに通った病院はなかなかの大病院だったので、かかりつけ医という感じでもない。

とはいえ一応重症化リスクの該当者だし、コロナであることを確定させる必要があるのかなと思い、その大病院に電話したところ、想像できたことではあるんだけど、さんざんたらいまわしされて、子機のバッテリーが心配になるくらいすごい待たされた挙句、ようやく出た何課の先生かわからない女医さんと思われる人にめんどくさそうな声で「ここに来てもできることはない」というようなことを言われた。
「来るな」という言葉を使わずに「来るな」と言っている感じだったな。

その時点で重症化しているわけではなかったとはいえ、こちらとしては重症化リスクの該当者の対応をしているだけなんだけど・・・とその病院の対応はどうなのと思いつつ、軽症者が殺到して医療体制がひっ迫するのもまずいかとも思った。
それでだんだんめんどくさくなってきて、もう重症化リスクなしということにして、陽性者登録だけとりあえずすることにした。

だがしかしこの登録の作業もなかなかのめんどくささだった。
一般的な個人情報(氏名、住所、電話番号など)以外に、陽性となった抗原検査キットの大してスペースなどないところに油性マジックで日付と名前を書いて写真に撮って送れとか、検査キットのメーカー名を教えろとか、住所と氏名がわかるもの(免許証やマイナンバーカードなど)を写真に撮って送れとか、コロナでまぁまぁしんどいときにかなりめんどくさいことをやらなければ登録できない。

たぶんこの陽性者登録って、途中でやめてしまう人やそもそも登録の作業自体手を付けない人って結構いると思う。
なので今でも毎日16時くらいになると東京や全国のコロナの新規感染者の数を発表しているけど、あれって結構いい加減な数字なんだと思う。
もっと言えば抗原検査やPCR検査などで陽性になっても、陽性者として登録されることなく街中を普通に歩き回っている人って結構いると思う。

それでわたしは一応めんどくさがりつつも陽性者登録を完了させたわけだけど、登録が完了して、LINEの友達登録も完了させると、翌朝7時くらいにこんな感じのLINEが神奈川県療養サポートから届く。

質問は「息が苦しいか?」、「現在の体温は?」、「パルスオキシメータはあるか?」の3問。
それといくつかある重症化が疑われる症状が出た場合の電話連絡先が表示される。

わたしは1月3日に陽性者登録して、1月9日の朝に来た連絡が最後。
登録日を含めて7日後でサポート終了ということのようだ。
サポート終了の際に特に検査をして陰性となったことを証明する必要はない。
わたしは1月10日に抗原検査で陰性になったことを一応確認したけどね。

幸いわたしは重症化することなく、発熱も37度台後半を数度確認したくらいで、若干頭痛やのどの痛み、咳などはあったものの、軽症の範囲と思われる症状で済んだ。
今のところ後遺症のようなものも出ていない。

一応書いておくと、ワクチンは3回接種済み(ファイザーファイザー、モデルナ)で、オミクロン株対応ワクチンは未接種。
そしてコロナになったのは今回が初めて。

亡くなる方や重症化する方がいる以上、軽症で済んだからといってあまり軽率なことを書くべきではないけど、もう今は軽症者に対しては実質何もしていないということを国や自治体はきちんと伝える時期に来ていると思う。
軽症から重症に急変するケースもあるのだろうけど、軽症者の陽性者登録は本当にする意味があるのか疑問を感じた。
もし次にコロナにかかったとしても、軽症だったら、陽性者登録はするかわからないし、とにかく一週間、家の中でおとなしく過ごせばいいんだなと思っている。

スルーしたけど結局・・・という話

昨年はブラックフライデーの期間にWiggleで自転車関連のなんやかんやを買ったことを記事にした。

nagask-441.hatenablog.com少し前、海外通販が円高の影響かあまり安くないということにちょびっとだけ触れた。

nagask-441.hatenablog.comそれでブラックフライデーセールが始まったら海外通販で買おうかなと迷っていたものを確認したところあまり安くなく、国内の通販サイトのほうが安かったことから、どうしても今買わなければいけないわけではないのについ買ってしまった。
Wiggleブラックフライデーセールはスルーしたんだけど、結局、楽天で買ってしまったんだよね。
当分使わないのにさ。

ちなみに買ったのはこの二つ。

自転車のハンドルとステムですね。
一応書いておくとこれは写真内に写っている通りどちらもDEDAというイタリアのメーカーのもの。
今はNITTO(日東)という国内メーカーのものを使っている。

フレームはパナソニックという国内メーカーのものだけど、コンポはカンパだし、そもそも国内メーカーに統一するというポリシーは無い。
NITTOのステムもシンプルなデザインでクロモリの自転車に合っているんだけど、今回購入したDEDAのMulexステムというのはデザインがかっこいいだけではなく、下の写真でふたつのボルトで留められている部分が外れて、フルオープンになる。
それにより、バーテープを剝がしたり、ハンドルのドロップ部分をこじったりすることなく、ハンドル交換ができる。

そのためメンテナンス性が高いということも、これにしたかった理由のひとつではある。

とはいえ、今巻いてあるバーテープがまだそれほど劣化していないし、もしハンドルを交換するならばケーブル類もそのタイミングで交換したいと考えているので、今回買ったハンドルとステムは当分放置だな。
ケーブル類については、国内通販サイトよりもWiggleのほうがだいぶ安そうなので、なにかWiggleで買う機会があれば、ついでに買おうと思う。

 

今回の購入情報を備忘録として残しておく。

購入先:サイクルショップカンザキ吹田店(※楽天内では「81496@バイシクル」という店名)

①DEDA SPECIALE SHALLOW ドロップバーハンドル
サイズ(幅):420mm
購入価格:4080円(※2022/12/18現在同店舗では4462円)
(参考)Wiggle:5070円

②DEDA Mulex ステム
サイズ:100mm
購入価格:5100円(※2022/12/18現在同店舗では5610円)
(参考)Wiggle:5200円

ハンドルもステムも今同じ店で買おうと思ったら、一割くらい高くなっているので、いいタイミングで買うことができたとは思う。
当分使わないんだけどね。

めんどくさくなってしまったという話

ブログネタとしてはだいぶ古い話ばかりなんだけど、いろいろとめんどくさくなってしまったことが重なったので、小ネタ集のような感じで書こうと思う。
ブログを書くのもめんどくさくてペースがだいぶ落ちているけど、それはそれとしてあまりムリしない感じで、多少の休眠期間は許容しつつ、継続していきたい。
と、あいかわらず自分には甘い。

まずはヤマザキの「秋のわくわくプレゼント」のシールは集めたけど応募するのがめんどくさくなってしまったという話。

この「秋のわくわくプレゼント」というのは以前記事にした「春のパン祭り」とは違って、集めれば店頭で交換してくれて全員がもらえるというものではなく、切手を貼って応募して抽選でもらえるというものである。

nagask-441.hatenablog.comなので、はずれれば切手代が損になるだけで何ももらえない。
ちなみに今回の応募で当たればもらえるものは、「お菓子のびっくり箱」と「コンパクトホットプレート」。
どっちも強烈に欲しいものではないんだけどね。
それでだいぶシールは貯めたので、たしか余った年賀はがきで交換した切手がどこかにあったはずと探してみたら、封筒用の84円は結構な枚数があったけど、ハガキ用の63円は一枚もなかった。
どうせ当たらないしと、切手を買うのもめんどくさくなってしまい、結局送ることすらしなかった。
前からうすうす気づいてはいたんだけど、この手の抽選は毎週抽選と書いてあるので、最後にまとめて応募するわたしのような人は結構多いと思われ、そうなると自然と倍率も高くなるから、そもそも当たらない人間であるわたしに当たるはずもないのである。
切手代が無駄にならずに済んだということにしておこう。
そういえばだいぶ前に黒ラベルのビヤグラスキャンペーンを記事にしたまますっかり忘れていたけど、届いていないのでまた当たらなかったな。

nagask-441.hatenablog.com

続いてどちらもだいぶ前に終了していた「かながわPay」と「レシ活」。
最初はどちらも結構張り切っていたんだけど、途中でめんどくさくなってしまったという話。

nagask-441.hatenablog.com「かながわPay」は、20%という高還元率のスーパーマーケットであるスズキヤをメインに買い物をすればいいだけだったんだけど、駐車場が無料(※わたしが行くところは)のaveとかスズキヤよりも好みの品ぞろえのものが多いOKについ行ってしまい、思ったほどポイントが伸びないうちに終了となってしまった。
スズキヤの総菜などは結構好きではあるんだけどね。
それで結局「かながわPay」は上限3万ポイントのところ、13726ポイント(※13726円相当)で終了。

また三井アウトレットパーク横浜ベイサイドで服でも買おうかなと思っている。

nagask-441.hatenablog.com使用期限は1月31日までなので忘れずに使い切りたい。

「レシ活」は、一日一枚しかレシートの登録ができないので、登録するのを忘れてしまうと、だんだんとレシートが溜まってしまい、溜まってしまっても、それをまとめて登録することができないので、ますます溜まってしまうという悪循環に陥り、わたしのめんどくさがりという性格も相まって、思ったほどポイントを貯めることができなかった。
結局17202ポイント(※17202円相当)で終了。

こちらは現金になるみたいなので、銀行口座にいれてクレジットカードの支払いやらなんやらでいつの間にかなくなるという感じになるだろう。

「レシ活」については年明けの1月1日から再び実施されるようだ。
1回の上限が前回は600円だったところ、400円になるようだ。
めんどくさくなっただのなんだの言っても前回は17202円相当をもらっているので、年明けからもめんどくさがりつつ貯めていこうとは思っている。

ムリヤリ作ってみたという話

先日とあるところでそこそこの数のハゼを釣ることができた。
あきらかに小さいものやマハゼではない小型のハゼはもちろんだけど、持ち帰るか悩む微妙なサイズまでリリースした残りがこんな感じ。

釣った数のトータルは30匹以上で持ち帰ったのは20匹くらい。

そのうちの何匹かはわたしでも三枚おろしにギリギリできるサイズのように見えた。
なので選抜した5匹を三枚おろしにした。
今シーズン釣ったハゼは頭を落として骨ごとから揚げにしてきたけど、三枚おろしにできるならば天ぷらにしてみるかとムリヤリ天ぷらにしたのがこれ。

プロや上手な人なら三枚おろしではなく松葉型にしたりするんだろうけど、ネットにやり方は書いてあるとはいえ、上手にできる気がしなかったので、こんなところで妥協するしかない。
とはいえなんかずいぶん小さいかけらみたいな天ぷらだな。
味は良かったけどね。

から揚げだと単に雑魚を油で揚げましたという感じになるところ、天ぷらだと一応ちゃんとしたハゼの料理っぽい仕上がりになる気がすると自画自賛しておく。

今シーズンのハゼももうそろそろ終了というところで、ハゼの天ぷらを食べることができたのは良かった。

ちなみに残りの10数匹は素揚げにした後、南蛮漬けにしたけど、その写真は撮り忘れてしまった。

 

使う機会などほとんどなく、以前持っていたものもサビサビになって捨てた出刃包丁。
ふるさと納税の余りが少しあるから返礼品でもらおうかな。
ステンレスだったら錆びにくいしね。

上のヤツとかいいかもと思い候補に考えている。
使う機会は年に何度もないんだけどさ。

叶えたいことがあるのでという話

叶えたいことがあると言えば行く場所は決まっている。
それは「叶神社(かのうじんじゃ)」である。
もう名前的に絶対叶うやつじゃん。

ということで浦賀にある「叶神社」に自転車で行ってみることにした。
最近、ご近所釣行くらいにしか自転車を使っていないので、100km超えはもちろんのこと50kmくらいのユルポタすらしていなかった。
浦賀まで行けば往復で50~60kmくらいにはなるだろうから、本気乗りとは程遠いものの、まぁいい感じのポタリングにはなるかなと。
なお見た目重視のロードバイクのため、サイクルコンピュータのような無粋なものはつけていないので、実際どれくらいの距離を走ったのかは本当のところわからないんだけどね。

それでその叶神社は、浦賀方面の面白スポット特集などでは結構な頻度で取り上げられる場所で、浦賀湾をはさんで東岸と西岸に分かれているというちょっと変わった神社である。
なお、便宜上「浦賀湾」と書いたけど、これは正式名称ではなく、浦賀地区の湾のようになっている場所のことで、ざっと調べた感じだと特に決まった名前はつけられていないようだった。
地元の人はあの湾みたいなところをなんと呼んでいるのだろう?

東岸と西岸に分かれている叶神社なんだけど、お守りもちょっと変わっていて、東岸の叶神社で何も入っていないお守り袋を買い、西岸の叶神社で勾玉を買って、お守り袋に勾玉を入れることでお守りが完成するというものになっている。
東岸で買うお守り袋の色は赤、青、緑の三種類があって、西岸で買う勾玉の色も赤(ピンク?)、透明、緑の三種類がある。

我が家からだと東岸から西岸というルートが行きやすい。
ということでまずは東岸の叶神社。

この日は雲一つない青空で風もそれほど吹いていない絶好のサイクリング日和だった。
東岸の叶神社の拝殿はちょっと階段を上った先にある。
それほど高い場所ではないんだけど、浦賀地域が良く見えて、景色が良い。
写真は撮り忘れた。

続いて西岸の叶神社・・・ではなく、この叶神社とあわせて紹介されることが多い「浦賀の渡し」。

出船時間が決まっている定期船ではなく、船が乗船場にいるときはそのまま乗船することができて、対岸にいるときはブザーを押して呼ぶという方式。
ブザーで呼ばないと対岸から誰かが渡ってくるまで延々待ち続けることになるので要注意。
自転車も乗船させることができるため、自転車系ブログではネタとしてさんざん紹介されつくしているんだけど、わたしは乗ったことはない。
ひねくれものでケチだからしょうがない。
ちなみに大人400円で、自転車は50円。
混んでいるときには自転車は邪魔になるので遠慮いただいているようだ。

そしてこれが西岸の叶神社。

東岸には七五三の立て看板は無かったので、祭事のようなことは西岸でやるのかもしれない。

今回は青のお守り袋と透明の勾玉を購入した。

「今回は」と書いたのは実はこれを買うのは2回目。
前回は緑のお守り袋と緑の勾玉だったのを覚えている。
もうだいぶ前に買ったんだよなと探してみたけど見つからなかった。
所詮その程度の信心深さである。

ちなみに色によって願い事や叶うことが変わるということはないそうである。
お守りをいただく授与所の人に尋ねると、いままで同じことを何千回何万回と尋ねられたことが想像できるくらいまたですかという雰囲気を出しつつ答えてくれた。

 

そういえば以前閉店してからリニューアルオープンを何度も延期したと書いたよこすかポートマーケットがいつの間にかようやくオープンしていた。

nagask-441.hatenablog.com調べたら10月28日にオープンしたようなので、つい最近のことだった。

以前は地元産の魚、肉、野菜などの食材を中心に販売していて、食事を提供している店舗や休憩のできるスペースは少なかった。
しかしリニューアル後は施設内で食べることができる丼ものやバーガー類などの食事やジェラートやプリン(※マーロウ)などのスイーツなんかを提供する店がメインになっていて、地元産の食材の販売している店は逆にかなり少なくなっていた。

店内はあえてそうしているのかわからないけど、導線がちょっとわかりづらく、食事をしている人のすぐ横を歩いて通るような場所が結構あるような印象。
わたしが行った時間はそれほど混んでいなかったけど、多くの店で食事を提供しているにもかかわらず、あまり落ち着いて食べられないという感じ。
実際にわたしが何か買って食べたわけじゃないからわからんけどね。
まぁわたしがここで何も食べないのは観光地価格で高いという理由なんだけどさ。
ケチなんだからしかたない。

その近くで食事をするならこっちかな。

ここもお昼の時間帯にはかなり混むけどね。

ちなみにこの日はシングルバーナーやメスティンなどのソトメシの準備はせず、久しぶりに行こうと思っていたお店でランチをする予定だった。
しかし、たどり着くのに思いのほか時間がかかってしまい、着いたときにはちょっと並んでいた。
並んでいる人に聞いてみると一時間待ちらしいとのことであきらめて、結局ランチはコンビニの総菜パンとおむすびになった。
ランチがメインではなく、お守りを買うのがメインイベントだったので別にいいんだけどさ。

なお、叶えたいことがなんなのかは書かない。
そういうのを書いてしまうと叶わなそうな気がするから。
変なところに信心深さを発揮してみた。