ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

「オッドタクシー」というアニメを見た

以前、『「猫」というドラマを今更ながら見た』という記事のところに録画したドラマをまとめて見るというようなことを書いたのだけど、ドラマではなく、アニメも録画してまとめて見ることが多い。
アニメに関してはアラフィフのオッサンにしては気持ち悪いくらい見ているかもしれない。
それで、今回は「オッドタクシー」というアニメをまとめて見たという話。

「オッドタクシー」というアニメは、今年の4月~6月期に放送されたアニメで全13話。
テレビ東京で月曜深夜(火曜未明)のアニメ枠で放送されていたのだけど、現在(7月7日から)BSテレ東で再放送もしているようだ。

ウィキペディアから内容を抜粋すると「主人公のタクシードライバー・小戸川を中心とした群像劇。現代の東京らしき街が舞台だが、登場するキャラクターは全員擬人化した動物の姿をしている。」ということで、主人公のタクシードライバーの小戸川(おどかわ)は太ったセイウチで41歳という設定。
まぁアラフィフのオッサンが見てもおかしくはない、というかわたしのアラフィフという年齢はともかく、むしろオッサン向けのアニメと言ってもいい内容である。

これから書く内容はウィキペディアに載っている程度の内容で、激しくネタバレするようなことを書くつもりはないけど、「登場するキャラクターは全員擬人化した動物の姿をしている」ので画面の印象としてはほのぼの感が漂っていて、おっさんセイウチのタクシードライバーの小戸川を中心にストーリーは淡々と進む。

だがしかし、画面のほのぼの感とは全く程遠い女子高生行方不明事件という1話目から最終話までメインストーリーとはある意味別にちょいちょい語られるサスペンス的なストーリーがあったり、デビュー直前のアイドルグループと反社のつながりがあったり、10億円の宝くじを当てた者から強奪しようたくらむ者がいたりと字面だけ見たらなかなかハードな内容だったりする。
ハリウッド映画で実写化したらブルース・ウィリスあたりが主演のアクション巨編になりそうな内容である、字面だけ見たらね。

ウィキペディアにも群像劇と書かれているように、登場する個々のキャラクターに背景というか特有の事情というかがあって、その背景や事情をまぜこぜにしながら、加速しながら最終話に向けて進んでいき、その最終話では「え、そうなんだ!」というか「やっぱりそうなんだ!」というか、そんなどんでん返しがある。
「加速しながら」進んでいく過程で、伏線とその回収が若干雑になり、正直、最終話も含めて先が読めてしまう場面がないではないけど、それでもほのぼのした画面とはかけ離れた硬派な内容はなかなか楽しめた。

声優さんもなかなか豪華で、主人公のセイウチの小戸川は花江夏樹さん。
言わずと知れた鬼滅の刃の竈門炭治郎役の方なのだけど、まさかの太った寡黙のおっさんセイウチ役の声を今回は担当している。
鬼滅の刃つながりだと禰󠄀豆子役だった鬼頭明里さんも端役ではあるが重要キャラクターを担当している。
本職の声優さん以外には、漫才コンビ役でダイアン、兄弟警官役でミキなど芸人さんが何人か出ている。

今後もワンクールに一本くらいはオッサンがブログで紹介できるようなアニメをやってほしい。

 

 

 

好きだったアイスの話

今週のお題「好きなアイス」

わたしが小さかったころレディーボーデンという高級アイスがあった話(※今でもあるけど)とか、はじめてオレオ(クッキーアンドクリーム)を食べて衝撃を受けた話だとか、そのむかし最高3本もらえるあたり付きのアイスがあった話とかがパッと思い浮かんだんだけど、今回は直球で「好きなアイス」について書こうと思う。
いや、現行品では存在していないので「好きだったアイス」ということになる。
直球ではなくスプリットフィンガーファストボールくらいな感じか。

だいたいアラフィフのオッサンがアイスを食べる機会といえば、酔っ払っての帰宅途中、近所のコンビニで買わなくてもいいアイスをなぜか買って、家に着いても結局食べずに冷凍庫に入れて、しばらくして冷凍庫をあけたときに「あれアイスあるじゃん!」って自分で買ったことすら忘れて食べるくらいのものである。
なので、毎度むかしのことばかり語っているけど、今回も子供のころのアイスを食べるのがうれしかった時代の話になる。

わたしが小学生だったころ、徒歩圏でアイスを買えるところは2件、1件はお菓子も少し売っている米屋さん、もう1件は食料品店兼雑貨店みたいなお店で、どちらもどこの田舎に行ってもありそうだけど、都会にはなさそうという感じの店である。
コンビニはセブンイレブンが自転車で30分いやもっとかも、サーティーワンに至ってはバスに乗って街まで行かないとなかった。
そんな田舎なので、今のように年がら年中アイスを食べるという習慣は無く、アイスと言えば夏に食べるものだった。

田舎の小学生の男子が買い食いするアイスと言えばあたり付きの棒アイスだった。
今もある「ガリガリ君」、今はない「南極バー」、半分に割るんだけど一人で両方食べる「ダブルソーダ」、舌を黒くするためだけに買う「クロキュラ」などである。
あ、「ダブルソーダ」はあたり付きではなかったかも。
上で書いた3本あたり付きアイスは「じゃん坊けん坊」という名前で、これも「ダブルソーダ」と同じように二つに割れるタイプだったような気がする。
ネットでうろおぼえの懐かしアイスの名前を調べたら、ほとんどの名前が判明してなんかうれしい。
隣町にあって当時CMをやっていて実際に食べたかどうかすら思い出せないけど、今でも形だけは覚えているソフトクリームが「デイリークイーン」というお店のものだったことも判明してうれしい。

さて、友達と買い食いするならあたり付きの棒アイスなのだけど、わたしが当時一番好きだったアイスは、これらあたり付きの棒アイスではない。
わたしが一番好きだったアイスは、カップアイスの「スカイ」である。
これ、当時は丸型カップだったのが、スクエアタイプのカップに代わって、つい最近まで売ってたんだよなと思って調べたら、販売終了は2017年だった。
全く「つい最近」じゃないや。
いや、2017年を「つい最近」のように思おうとする自分がいたりする。
とにかく、アラフィフの時が過ぎる速さが尋常じゃないことだけは確か。

それで、このアイスについて書こうとしたら、コンビニアイス評論家のアイスマン福留さんが2012年の記事なんだけど、わたしが言いたいことはすべて書いていた。
さすが「王様のブランチ」や「マツコの知らない世界」でちょいちょい見かける有名な方だけのことはある。
わたしが書こうと思った「アイスクリン」という名前のアイスと食感が似ているということまでも書いていたのにはびっくりした。
わたしが食べたアイスクリンオハヨー乳業という会社のものだったかはちょっとわからないけど。

スカイ、再販してくれないかな~。

そういえばアイスつながりで、先日、車の中でラジオを聴いていると、「ガリガリ君の当たりを見たい」みたいな投稿が読まれた。
「見たことないのかよ!」と思ったら、投稿者は10歳くらいだった模様。
MCの方もわたしと同じように思ったようで、最初は見たことないのかよみたいなことを言ってたけど、10歳なら見たことないかみたいなことを言っていた。
ずいぶん前に自転車で遠出をした先のコンビニでガリガリ君を食べたら当たったけど、2本は食べられないと思い、そのまま換えていないのがあったよなと探したら、やっぱりあった。
今でも換えられるのかね?

f:id:nagask_441:20210730171603j:plain

 

 

 上で「今でもある」って書いたけど、一時期日本撤退してたのね、レディーボーデン




ウッドブラインドが壊れたので直そうとする話

リビングのウッドブラインドをあげている途中で急にガーンと落ちて上がらなくなった。
壊れましたね。
下の写真のテープというかリボンというかが切れた模様。
全く予兆は無かったけど、この切れ方をみると多分、予兆はあったけど気づかなかったのだと思う。

f:id:nagask_441:20210728164115j:plain

リビングではウッドブラインドを2個使いしているので、壊れていない方を確認するとテープというかリボンというかを巻き上げる部分はこんな感じ。
幅5~6mmくらいのテープ状のものが通るようなスリット形状になっている。

f:id:nagask_441:20210728164124j:plain

壊れた方のテープというかリボンというかを取り除くとこんな感じ。

f:id:nagask_441:20210728164121j:plain

テープというかリボンというかを巻き上げる本体というか中身部分はこんな感じ。

f:id:nagask_441:20210728164118j:plain

ひとまず簡単なDIY程度で直すことができるならと検索したところ、まず判明したのがこのウッドブラインドはTOSOというメーカのものであること。
そして、次に判明したのがこのテープというかリボンというかは昇降テープと呼ばれるもので、現行品のブラインドでは使われている製品は存在していないということ。
(※現行品ではひも状の昇降コードというものを使っている。)
さらに少なくともこの昇降テープは普通のネット通販では購入できそうもないということもわかった。
しかも、この修理をお店に頼むと、見積りをのせているところは無いけど、1万円以上はしそうということもわかった。

こんなん昇降テープさえあれば、まぁまぁめんどくさそうだけど、DIYでどうにかなるような気がすると、この時点では浅はかにもそう思った。

ということで、まずはテープではなくてコードでも多分代用できると思い、昇降コードを通販で取り寄せてみた。
税込1201円也(amazon)。

f:id:nagask_441:20210728164112j:plain

しかし、昇降コードを使うには現状のテープが通るスリット形状の孔をドリルでコードが通るように丸く広げる必要があってだいぶめんどくさい。
しかも失敗したら取り返しがつかない事態に発展しそうな予感。
そこで順番を間違えた気もするけど、ここで念のためTOSOに補修品がないか問い合わせをしてみた。
しかし、予想通り、やはり昇降テープの補修品はないとのこと。
ちなみに我が家のウッドブラインドは2008年に廃止になっている製品ということも教えてくれた。
そりゃもう補修品もないよね。

それで強度的に不安はあるけど、一番簡単に直せそうということで、ユザワヤでリボンを買ってきた。
税込107円也。

f:id:nagask_441:20210728164128j:plain

そんなこんなあって結局ユザワヤで買ったリボンを使って今はこの状態。

f:id:nagask_441:20210728164321j:plain

一応上げ下げもできる状態にはなって、写真では直っているように見えるかもしれないけど、微妙に左右の高さが違って床面と平行が取れていない状態なので調整がもう少し必要な感じ。
補修品の昇降テープが入手出来たとして、作業に慣れれば多少はスムーズにできるのだろうけど、確かに1万円くらいかかるって言われても仕方ない作業だな、これ。
今回使ったのって所詮リボンだし、すぐに切れるような気がして、切れたら次はどうしようか考えるとちょっと憂鬱。

そういえばわざわざ通販で買った昇降コードはムダになったな。
amazonに410円の送料負担で返品できるみたいだけど、テントやタープなどアウトドアで使うロープとして使えないこともないか。
また使われることの恐らく無いアウトドアグッズが増えたな、これは。

 

 誰かいりますか、これ?

チョメリグ的なものミニを作る

さいころ読んだ釣りの本に「釣りは小は大を兼ねる」みたいなことが書いてあった。
具体的になんと書いてあったかまでは覚えていないけど、要はデカすぎる針を使っていては釣れる魚も釣れないし、太すぎる糸を使っていては魚から見切られてしまうというようなことが書いてあった。
いや、書いてあったか定かではないけど、少なくともわたしはそう理解して、ある意味これはわたしの釣りにおける座右の銘というか、格言というか、まぁとにかくこれを基本となる考え方のひとつとしている。

根掛かりということに関しても、小は大を兼ねるのか?
小さいおもりは大きいおもりでは入ることのない小さい隙間にはまり込んでしまうので根掛かりが多くなるのか?
それとも大きいおもりは小さいおもりであればすり抜ける隙間でもすり抜けることができず根掛かりが多くなるのか?
これは正直なところわたし自身よくわからないし、ネット上でもこれを明確に書いてある記事は無いように思う。

また、後で紹介するけど、今回は鉛ではなくタングステンのおもりを採用する。
これについても鉛のほうが隙間にはまったとき変形して根掛かりから脱出できるのか?
それともタングステンのほうが変形しない分、根掛かり回避能力が高いのか?
これもどちらがいいのかわたしにはわからない。

前置きは長くなったけど、昨年、回数的には一番行ったと思うハゼメインの釣り場でサイズは小さいながら、先日、マハゼが釣れているのを見かけた。
そこで、今回はハゼをメインターゲットに使うための少し小さいサイズのチョメリグ的なものを作ってみる。
材料と工具については以前の「チョメリグ的なものの作り方(準備編)」で紹介したものとほぼ変わらないので、新たに使ったものについては都度紹介するとして、ポイントとなるところを説明できればと思う。

 

nagask-441.hatenablog.com

浮きの部分に使用するナツメ型のしもり浮きはこれまでの7号ではなくひとつ小さい6号にした。
ドリルで孔をあける部分の両端を割れ防止のためやすりで削る。
割れ防止のため小さい径のドリルで孔をあけてから、徐々に孔を広げて最終的には3.2mmくらいでロリポップスティックが通る孔があく。

f:id:nagask_441:20210725103614j:plain

ステンレスバネ線0.8mmをダイソーの鉄工ドリル刃3.0mmに写真のように巻き付ける。
4~5回くらい巻き付ければいいと思う。

f:id:nagask_441:20210725103617j:plain

巻き付けた部分を(※写真にはないけど)ペンチでおさえて写真のような形に曲げる。

f:id:nagask_441:20210725103620j:plain

余分な部分をカットするとこんな感じになる。

f:id:nagask_441:20210725103623j:plain

ロリポップスティックに作ったバネ線を通して瞬間接着剤で固定する。

f:id:nagask_441:20210725103626j:plain

熱収縮チューブをバネ線の部分までかぶせて熱湯につけて収縮させる。
そしてバネ線にタングステンのおもりSLIP SINKER 3/32oz(REIN&co.,ltd)を通して、バネ線を適当な長さにカットして、写真のように曲げる。
SLIP SINKERにはビニールチューブが入っているので、わたしはそれを引っこ抜いて使っている。

f:id:nagask_441:20210725103629j:plain

おもりにバネ線の曲がった部分を押し込んで、いい感じにバネ線を曲げる。

f:id:nagask_441:20210725103632j:plain

しもり浮きを瞬間接着剤で固定し、ミニなのでロリポップチューブを少し短めにカットして、浮きゴムをかぶせて完成。
一番上が以前作った「チョメリグ的なもの」で、下二つが今回作った「チョメリグ的なものミニ」。
思ったほど小さくならなかったけど、とりあえず使ってみて、バランスが悪いようなら調整しようと思う。
チョメリグってチョメリグ的なものでいうところのロリポップスティックの部分が反る方向に曲がっているけど、それって必要なのかな?
チョメリグ的なものは何回も使っているけど、曲がっているかどうかはエサ(ジャリメ)の場合あまり釣果に影響しないような気がする。
もう少し使ってみて曲げるかどうか考えようと思う。

f:id:nagask_441:20210725103636j:plain

とりあえずまだ本物のチョメリグを見たことは無いので、「ミニ」と言えるサイズなのか本当のところわからないんだけどね。

 

桃を食べると思うこと

この時期になると実家から桃が一箱送られてくる。
正しくは実家ではなく、実家の母親が親戚に頼んでいた桃がその親戚から送られてくる。
父親が生きていたころは、実家でも桃を作っていたので、その当時は実家で作っていた桃が送られてきていた。

f:id:nagask_441:20210723093450j:plain

小学生のころ、「専業農家」「兼業農家」というのを習ったとき、うちは兼業農家なんだなと思った。
畑自体は数a(アール)程度しかなかったので、実際は出荷して収益を上げるというよりも、知り合いに配るために作っていたようなものだった。
なので量が少ない分、一つ一つの果実に手間をかけることができ、結果としてかなり品質の良いものが出来上がっていた。

わたしは野菜や果物をほとんど食べない子供だった。
おおよその子供が苦手としているであろう野菜は、そのほとんどすべてが苦手だった。
今は食べられるけど、キュウリ、ナス、トマト、ネギなども食べず、野菜というとキャベツ、レタス、ジャガイモくらいしか食べなかった、いや他にもなんか食べただろうけど、まぁそんな感じである。
ちなみにセロリは今でも食べられない。
果物は食べられないほど苦手なものはなかったけど、別に好んでは食べることはなかった。
こたつの上にあるみかんもむくのがめんどくさかったのか、今となってはおぼえてはいないけど、ほとんど手を出すことはなかった。
桃やぶどうは時期になればその辺の畑に実っていて、買うものではなく、もらうものだった。
ありがたみもなかったので、なんか別に食べなくてもいいやと思っていた。
桃はリンゴくらい硬いものしか食べなかった。
なので桃缶は苦手で、黄桃の缶詰に至っては今でも食べることができない。
あ、食べられないほど苦手な果物が今でもあった、黄桃の缶詰だ。

実家から桃が送られてきていた当時、ほとんど知り合いに配ってしまって、一箱送られてきてもせいぜい1個か2個しか食べなかった。
配った桃を食べた知り合いからの評判はよく、箱で買いたいという話も何件かあり、今思うとだいぶ格安価格ではあるけど、実際に買ってもらったこともある。

今わたしは、桃らしいやわらかさの桃を食べている。
本当はリンゴくらい硬い桃を食べたいけど、それはなかなか難しい。
ましてや実家で作っていた桃を食べることはもうできない。
食材に対する感謝というのは忘れてはいけないとこの年になって思うようになった。
スーパーに行けば同じような食材がいつでも店頭に並んでいるため、食べ物には旬があるということがわかりにくい世の中にはなっているけど、その時期、その土地でしか食べられないものをなるべく食べたいと思う。

 

nagask-441.hatenablog.com

 

魚子ラバ的なもの最終型の試作

少し前まで毎週末、なんなら土日両方とも行っていたご近所お気楽釣行だったけど、ここ数週間行っていなかった。
理由は、雨が降ってたり、風が強かったり、用事があったり、なんとなくめんどくさくなったりとそんな感じである。

なんとなくめんどくさくなったというのは、ご近所お気楽なはずが行ってみると結構混んでいて、釣り座の確保がめんどくさいというのもある。
正直、たいして釣れない釣り場なのでボウズで帰る人も多いんだけどね。
まぁわたしは確実に釣りますけど、小魚を。

同じように一時期それしかブログネタがないのかというくらい作っていた魚子ラバ的なものも最近ほとんど作っていなかった。
理由は、最終型が見えてきたことで製造意欲が冷めたり、魚子ラバって言うほど釣れないのでは思えたり、なんとなくめんどくさくなったりとそんな感じである。

魚子ラバが釣れないということに関しては、以前から私が思っていたことをネット上に書く人を見かけるようになってきた。
それは「それ魚子ラバじゃなくても釣れるんじゃね?」ということである。
魚子ラバで爆釣している動画を見ると明らかに魚影が濃いところで釣っていて、メタルジグやワームなどの他の疑似餌では全く釣れていないところで魚子ラバを投げたらいきなり釣れたということではない。
つまりは魚子ラバであることの必然性というか、魚子ラバだからこそ釣れたという根拠が乏しいというか、釣具屋さんの店頭にはなく、ネットではプレミアム価格で取引されていることから、わたしのような者がありがたがって使ってもいないのに釣れると勘違いしてしまうというか・・・

以前は「魚子ラバ 釣れない」とかで検索すると「魚子ラバで釣れない魚はない」みたいな記事ばかりがヒットしたけど、最近では「魚子ラバを使えば釣れるわけではない」みたいな記事も見かけるようになってきた。

とはいえ魚子ラバじゃなくても釣れるかもしれないけど、魚子ラバでも一応釣れるということであれば、魚子ラバ的なものを作る意味もあると思う。
というのも餌釣りではなく、疑似餌を使う場合、動きだったり、形だったり、色だったりでいろいろな引き出しはあった方がいいと思うんだよね。

前置きが長くなったけど、上で書いたように最終型を作るための部材や作り方は見えてきたことから、チョット製作に対する熱量が冷めたり、いまだにそれほどきれいに作ることはできなかったりするけど、一応「試作」という文字の通り試しに作ってみた。

まずは魚子ラバフック的なものは下のように作った。
写真の右が魚子ラバフックで、左二つがわたしが作った魚子ラバフック的なもの。
この記事の最後に今回使った材料などは紹介するけど、赤いより糸を使って、見た目だけでも寄せてみた。
f:id:nagask_441:20210720121943j:plain

魚子ラバのラバーネクタイ的なものは下のように作った。
右が魚子ラバのラバーネクタイで、左が魚子ラバのラバーネクタイ的なもの。
手元にあったスカートを使ったので「的なもの」のほうはちょっと太いけど、探せば細いのも売っていると思う。
これも後に載せておくけど、ラバーネクタイを細く切るために手芸用の曲型のはさみを入手したのが今回のキモ。
まだきれいに切り出せていないが、少しは期待できそうな仕上がりだと個人的には思っている。

f:id:nagask_441:20210720121946j:plain

ヘッド部分に以前最終なのかVer.で作ったものを流用するとこんな感じになる。
がまかつのジョイントノッカーヘッドではなく、丸型もしくはナツメ型の中通しおもりのほうが加工のしやすさ、入手性、価格等から考えると、もしかしたらいいのかもしれないと今更ながら思い始めている。

f:id:nagask_441:20210720121949j:plain

以前は使っていなくて、今回から新たに使うことにしたものはこれら。

f:id:nagask_441:20210720121953j:plain

写真左 アシストライン:ハヤブサ 名人の道具箱 撚り糸 赤 中 P301B
多分鯉の吸い込み仕掛けなんかに使われているものだと思うけど、巨大魚を釣るわけではないので、魚子ラバ的なもののアシストラインに使っても強度的に問題はないと思う。
赤いより糸なので見た目はだいぶ魚子ラバフックに近くなる。

写真真ん中 セキ糸:UOSO Veevus GSPスレッド 75m G01-150D 0.8号 ブラック
わたしのような素人が使うと、巻きはじめに糸がばらける感じがして、ちょっとコツがいるけど、慣れると使いやすいのかもしれない、わからんけど。
わたしでも仕上がりはそこそこきれいになるような気がする。

写真右 ハサミ:アネックス 手芸用 精密 曲型 125mm No.193
ネクタイを切り出すときに今まで使っていたカッターだとどうしても切る方向にシリコンシートが引っ張られて変形してしまうけど、切れ味の良いはさみであればだいぶ変形を抑えることができる。
さらに曲型なので不器用なわたしでも曲線をそれなりに切り出すことができる。

 

 

 

nagask-441.hatenablog.com

 

 

nagask-441.hatenablog.com

 

鯖最強説

今週のお題「寿司」

今週のお題はお寿司か。
お寿司について書けそうなことはいくつか浮かんだ。
好きなネタについての話とか、お寿司屋さんに行った思い出とか、江戸前にサーモンはいないみたいなひねくれオヤジが言いそうなこととか・・・

それで最終的に残ったのは好きなネタというか好きな魚について熱く語るか、お寿司屋さんに限らずチェーン展開していない店が好きという話の二つ。
どっちもお題から離れてしまっているな。
お題から発想を飛ばして、とプレバトの俳句を書く人が言いそうな感じで、今回は好きな魚について書くことにした。

わたしが好きな魚は「鯖(サバ)」である。
見た目が好みとか、飼育したいとかじゃなくて、食べるのがね。
もう鯖最強説を切に訴えたい。
ちなみに「鯖最強説」で検索したら、「鯖缶最強説」がかなり件数でヒットした。
鯖缶も確かにうまいけど、鯖自体がもともとすげーウマイ魚だと思う。

わたしが思う一番うまい食べ方は、自分で作るしめ鯖である。
本当は生食できる鯖(関さば、松輪の鯖、首折れ鯖など)が入手できればそれに越したことは無いのだけど、そのような高級鯖は今回の話では除外すると、生に近い感じで食べられるのはしめ鯖ということになる。
「自分で作る」と書いたけど、要は切ったときの断面が半生でほんのりピンク色の部分を残しているということで、これは自分で作るか、それなりにちゃんとした料理店に行くかしかない。
回るお寿司屋さんでしめ鯖を食べることもあるけど、真っ白くなっていてしめ鯖というより酢漬けなんだよね。
ということでちゃんとした料理店に行く財力はないので、自分で作るしかないのである。
そういえば最近作ってないな。

生鯖ではなく塩サバとかみりん干しとかを買うこともある。
塩サバに関してはそのまま塩焼きにしても当然おいしいのだけど、オリーブオイルで軽く炒めてからホールトマトで煮込んでもおいしい。

今更ながらお題にちょっと話を寄せると、一番行くことが多い回転寿司屋さんは、はま寿司で、そこで確実に頼むのは、しめ鯖、アジ、イワシのひかりもの三種盛り。
鯖が一番好きだけど、鯖以外のアジ、イワシも好きですね。
そういえばアジの缶詰って無いよなって思って検索したら、テレビでやってたっぽい。

そういえば昨日おつまみが足りなかったときに食べようとおもった鯖みそは結局食べなかった。

f:id:nagask_441:20210712135531j:plain

鯖みそってなんかあまり上手に作れないんだよな。
ちゃんとレシピを調べずに適当に作るからなんだけど、何みそ(赤、白、合わせなど)を使うかってのも重要だとは思うんだよね。

いただいたお題であるのに、お題にいまひとつ沿っていない内容をムリヤリ書いたので、わたしの鯖最強説がまだ書き足りていない気がする。
いつかまた鯖最強説その2を書こうと思う。