ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

魚子ラバ的なものの作り方(製作編)

基本的な作り方は「魚子ラバ 自作」で検索するとヒットする動画の人の作り方を踏襲(≒丸パクリ)している。
このブログと同じ魚子ラバ的なものを作ろうと思う人などいないかもしれないが、もしそのような人がいるならば、そちらの動画を見たほうがはるかにわかりやすいので事前に見ておくことをオススメしたい。

 1.ヘッド部分の加工
(1)アイの貼り付け部分とスカートの取り付け部分を削る。
スカートの取り付け部分を本来のジョイントノッカーヘッドの使い方とは逆にするのがポイント。構造からするとすっぽ抜ける方向なので適切ではないかもしれないが、最終的にはスプリットリングが付くのですっぽ抜けることは恐らくないし、道糸を結ぶ方が若干上向きになるので水中での姿勢が安定するというメリットがある(かもしれない、自信なし)。あと、単純に見た目的にこっちの方が実物に近くなる。
削る部分は、アイの貼り付け部分2ヶ所とスカート取り付け部分1ヶ所。
アイの貼り付け部分は、使用するアイの大きさに合わせて削る。
スカートの取り付け部分は、スカートを取り付けた後、スプリットリングがある程度自由に動く程度の隙間ができるように現物合わせで削る。下の写真のオレンジの方のように約5mmくらい針金部分が出ればいい。
※準備編の工具で書き漏れたペンチ(ネジザウルス:写真奥)でおもりを挟んで、金属やすりにこすりつけることで結構簡単に削れる。
※鉛なので作業中はマスクをして、削りカスは掃除機で吸うなど適切に処理し、人体に取り込まないよう注意した方がいいとは思う。

f:id:nagask_441:20210409135125j:plain

(2)塗装
塗装はしなくてもいいかもしれないし、アイの貼り付け後にした方がいいかもしれないが、ここで塗装するとマスキングとか細かい塗りとかしなくていいので作業的には楽。
どうせはがれるだろうが、マニキュアを三度塗りした。
※準備編段階では黒と赤を作ろうと思っていたけど、黒とオレンジに変更。

f:id:nagask_441:20210409135242j:plain

(3)アイの貼り付け
必ずしも必要ないかもしれないし、安価に自作できるのかもしれないが、今回は市販品を使用する。
シールの接着力が弱いので、瞬間接着剤を併用。

f:id:nagask_441:20210411144717j:plain

 2.フック部分の製作
「アシストフック 作り方」などと検索すると丁寧に説明しているサイトが多々あるので、それらを見て、下のようなものを作る。
わたしが不器用なだけかもしれないが、オーナーばりのスプリットショッタ―の#12というかなり小さいカン付きフックに山豊テグスのアシストフック専用PEを通すところはちょっとコツがいる。
あと結び目が汚いので本当はどうにかしたいところ。 f:id:nagask_441:20210409141331j:plain

3.ネクタイの加工
ネクタイはシマノの「炎月 バクバクネクタイ FT ダブルカーリー」というのが、太さ、形ともにちょうどいい。
下の写真のようにもともとオレンジの形のものを黒のようにカットする。
薄いため、シートからはがすときにちぎれることがあるので、そこは注意が必要。
注意してもちぎれることがあり、そのときは不良品としてクレームをつけたくなる。
というか今回もオレンジがちぎれた、安くないのに・・・。

f:id:nagask_441:20210409145453j:plain

4.ネクタイとスカートの取り付け
スカートの本数は現物が4本らしいので、4本を採用。
浮きゴムは2mm幅くらいかな。
浮きゴムへのスカートとネクタイの通し方は釣具屋さんでスカート取り付け用の工具(※裁縫の針の糸通しのようなもの)も売っているのでそれを使うのもいいし、動画の人の引き込み用の糸を通すやり方でもいいと思う。
ここで作ったものを動画の人はスイベルに取り付けているが、こちらはジョイントノッカーヘッドの針金部分に無理やり取り付ける。

f:id:nagask_441:20210409145507j:plain

5.フックの取り付け
スプリットリングでヘッドとフックをつなげる。
小さいスプリットリング用のプライヤーがないと結構厳しい、というかプライヤーがあっても若干の慣れは必要かも。

f:id:nagask_441:20210411144731j:plain
6.完成
スカートを適当な長さに切って調整。
ひとまずこれで完成。

f:id:nagask_441:20210409173854j:plain

 

nagask-441.hatenablog.com