ながしながされ

ナガ氏が、釣り、自転車、料理、アウトドアグッズなどを紹介したりしなかったり

一気読みというと雑誌ではなく単行本かな

今週のお題「一気読みした漫画」

父親が漫画好きだった。
球漫画、特に水島新司が好きで「あぶさん」、「野球狂の詩」なんかが本棚に並んでいた。

なので漫画を家で読むことに支障はない環境で育ち、中学、高校、大学時代はわたしも週刊少年ジャンプを買っている漫画好きだった。
当時はいわゆる少年ジャンプ黄金期で、「スラムダンク」、「ドラゴンボール」、「キャプテン翼」、「幽遊白書」などはリアルタイムで見ていた。
そして、大学生になってからは、後輩が買っていた少年マガジン、少年サンデー、ヤングジャンプビッグコミックスピリッツなんかも回し読みで読んでいた。

お題の「一気読みした漫画」ということになると、なんとなく週刊の漫画雑誌ではなく単行本というイメージが思い浮かんだ。
だとすると少年ジャンプではなく単行本である程度まとめて買った本、そしてやはり今ではなく学生のころの話になる。
単行本で何冊かまとめて買ったもので印象深いのは「ゴリラーマン」という漫画。
当時、いろいろなヤンキー漫画があった。
何作も映画化された「ビー・バップ・ハイスクール」、少し前になぜか急にドラマ化されて話題になった「今日から俺は」、ジャンプ黄金期のヤンキー漫画の代表作「ろくでなしブルース」などがあった。
「ゴリラーマン」も最後は最強の四天王と対戦するみたいなヤンキー漫画の典型的なストーリーになるのだけど、他のヤンキー漫画と比べると高校生の日常生活のゆるい場面が多く登場していた。
そして主人公がゴリラ似のほぼ無表情で、最終回の最後の最後のコマまで一言もセリフをしゃべらないという変わった漫画だった。

就職して一人暮らしをしてからは漫画を読む機会がなくなった。
週刊で発行される漫画雑誌を買うこともなくなった。
ネットでアニメを見ることはあっても、漫画を見たことは無い。
漫画自体を嫌いになったということは無く、王様のブランチなんかの漫画コーナーで紹介される漫画や宝島社の「このマンガがすごい!」で選ばれた漫画などを買おうかなと思うこともあるけど、実際に買うところまでなぜかいかない。
最近だと「SPY FAMILY」という漫画を買おうか迷っていて、結局買っていない。

ちなみに娘はわたしとわたしの父親の漫画好き遺伝子を受け継いでいる。
わたしは「ハイキュー!!」はアニメでは見たけど、漫画は見ていない。
漫画を読まなくなった理由の一つは、コミックサイズの大きさの本は老眼にはつらいというのはあるかも。
実はこの「ハイキュー!!」は、パラッとめくってみたのだけど、「字ちっちゃ!」ってあきらめた。

f:id:nagask_441:20210628102130j:plain

わたしも何かないかと探してみたら、いつ買ったのか思い出せないくらい前に買ってだいぶ日焼けの進んだこの2冊があった。
西風という漫画家の「GARAGE」と「DEADEND STREET」といういわゆるヒストリックカーを扱った漫画。
同じく西風が書いた「GT roman」という漫画がたしかあったと思って探したら、それは実家に置いてあるようで、手元にあったのはこの2冊だけだった。
これは今読んでもちょっと面白い。
いずれブログネタが無くなったときに紹介する機会もあるかもしれないので、内容についてはここでは触れないでおこう。

f:id:nagask_441:20210628102125j:plain

 

 

 電子書籍もあるのね「GT roman」。